toggle
大ナゴヤノート.

プライバシーポリシー

特定非営利活動法人 大ナゴヤ・ユニバーシティー・ネットワーク(以下「当団体」といいます)は大ナゴヤノート.の運営にあたり、個人情報が重要な資産であることを理解し、適正に管理することは社会的責務であるとの認識のもと、以下のプライバシーポリシーに基づき、保護に努めてまいります。最後までよくお読みくださいますよう、お願いいたします。

1.個人情報の定義
当団体は、個人情報の保護に関する法律に規定される生存する個人に関する情報(氏名、生年月日、その他の特定の個人を識別することができる情報)または個人識別符号が含まれるものを、個人情報と定義します。

2.個人情報の管理
当団体は、個人情報を適正に保護、管理する体制を確立し、個人情報の適正な取得、利用および提供に関する規程を定め、これを遵守します。

3.個人情報の利用の目的
当団体は、個人情報を以下の利用目的の達成に必要な範囲内で利用します。
(1)重要なお知らせ、お問い合わせ・ご相談・ご意見への対応、紛争の解決など必要に応じた連絡
(2)広報活動または活動報告
(3)その他サービスの提供、新サービスの開発またはサービス向上を目的とした統計、分析、アンケート等の活動

4.個人情報の適正な取得
当団体は、適正に個人情報を取得します。また、18才未満の子どもから親権者の同意なく個人に関する情報をみだりに取得しません。

5.個人情報利用の制限
第3条に定めのない目的で個人情報を利用する場合、あらかじめ本人の同意を得た上で行います。ただし、次の場合はこの限りではありません。
(1)法令に基づく場合
(2)人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難な場合
(3)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合
(4)国の機関もしくは地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用目的を本人に通知することにより当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがある場合
(5)取得の状況からみて利用目的が明らかであると認められる場合

6.個人情報の第三者提供の制限
6.1当団体は、個人情報について、あらかじめ本人から同意をいただいた提供先以外の第三者に提供、開示等はしません。ただし、次の場合はこの限りではありません。
(1)法令に基づく場合
(2)人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難な場合
(3)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合
(4)国の機関もしくは地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して当団体が協力する必要がある場合であって、利用目的を本人に通知することにより当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがある場合
(5)あらかじめ次のすべての事項を告知あるいは公表している場合
 a.利用目的に第三者への提供を含むこと
 b.第三者に提供されるデータの項目
 c.第三者への提供の手段または方法
 d.本人の求めに応じて第三者への提供を停止すること

6.2前項の定めに関わらず次に掲げる者は、第三者に該当しません。
(1)当団体が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取り扱いの全部または一部を委託する者
(2)合併、その他事由による事業継承に伴って、個人情報が提供される者
(3)個人情報を当団体との間で共同して利用する特定の者であって、その旨ならびに共同して利用される個人情報の項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的および当該個人情報の管理に関して責任を有する者の氏名または名称について、あらかじめ本人に通知しているとき、または本人が容易に知り得る状態に置いているとき

7.個人情報の開示
当団体は、本人から個人情報開示の依頼があった場合には、依頼主が本人であることを確認した上で開示します。ただし、開示することにより次のいずれかに該当する場合は、そのすべてあるいは一部を開示しないこともあります。
(1)本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害する恐れがある場合
(2)当団体の業務に著しい支障を及ぼす恐れがある場合
(3)他の法令に違反することとなる場合

8.個人情報の利用目的の変更
当団体は、個人情報の利用目的を、第3条の利用目的と関連性を有すると合理的に認められる範囲内において変更することがあり、変更した場合には本人に通知、または公表します。

9.個人情報の訂正等
当団体は、事実と異なる内容かつ正当な理由によって、本人から内容の訂正、追加、または削除(以下「訂正等」といいます)を求められた場合には、他の法令の規定により特別の手続きが定められている場合を除き、利用目的の達成に必要な範囲内において、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の内容の訂正等を行い、その旨を本人に通知します。

10.個人情報の利用停止等
当団体は、個人情報があらかじめ公表された利用目的の範囲を超えて取り扱われている、または偽りその他不正の手段により取得したと本人が判断したとき、その利用の停止または消去(以下「利用停止等」といいます)の依頼があった場合には、依頼主が本人であることを確認した上で、必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の利用停止等を行い、その旨を本人に通知します。ただし、以下のすべてあるいはいずれかに該当する場合、そのすべてあるいは一部を公開しないことがあります。
(1)ご本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
(2)個人情報の利用停止等に多額の費用を有する場合
(3)大ナゴヤノート.の事業の適正な実施に支障を及ぼすおそれがある場合
(4)他の法令に違反する場合

11.個人情報の安全対策
個人情報への不正アクセス、個人情報の滅失、毀損、改ざんおよび漏洩等のリスクに対して適切な予防措置を講ずることにより、個人情報の安全性、正確性の確保を図ります。また、万が一問題が発生した場合には、被害の最小限化に努めるとともに、速やかに是正措置を実施します。

12.一般条項
(1)当団体は、本プライバシーポリシーを定期的に改訂する権利を保留します。適用される条項は、本人の責任において、定期的にご確認ください。
(2)本プライバシーポリシーの条項は変更されることがあります。変更後については、当団体が別途定める場合を除いて、当サイトに掲載したときから効力を生じるものとします。
(3)本プライバシーポリシーの条項が法令に抵触する場合、法令上認められる限度で、当該条項はその意図を反映した同趣旨の条項に置き換えられます。その場合でも他の条項は変更されることなく適用され続けるものとします。

お問い合わせ
本プライバシーポリシーに関してご不明な点がある場合、または当サイトにおける個人情報の取り扱いに関してご質問・ご意見・ご相談等がある場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

2021年3月6日改訂