toggle
大ナゴヤノート.
https://note.dai-nagoya.jp/wp-content/uploads/2019/04/P4156140.jpg
2019年09月14日

つなげて集めて、まちを歩こう!円頓寺・四間道でしりとりさんぽ

はじめましての方も、そうでない方も、こんにちは!

大ナゴヤノート.編集部チームです。

私たちは、大ナゴヤ大学の事務所がある大須を拠点に、まちの中にある「いいな」を書き留めて、発信しています。大ナゴヤ大学にかかわる人やまちの中で活躍する人、まちの魅力など、記事のテーマはさまざま。2019年4月30日、平成が終わる日には、編集チームのメンバーで、大須で元号を探すまち歩きを行い、記事にしました。

※記事はコチラ→「明治、大正、昭和、平成…。元号を探して大須を歩く

大須は、いわば私たち編集部チームにとって慣れ親しんだまちです。でも、「元号」という一つのテーマを決めて、まちに目を向けてみただけで、たくさんの驚きやわくわくを感じました。

「実は、いつもとちょっとだけ目線を変えてみるだけで、“新しい発見”は意外と身近に潜んでいると、気づけるかもしれない」

「この感覚をもっといろんな人に味わってもらいたい!」

そんな思いから7月には、大須商店街にあふれる「文字」で「しりとり」をする企画を開催しました。

※当日の様子はこちら「いつもと違う目線で見てみると、まちの違う顔がみえてくる-「大須でしりとり。文字さんぽ」を終えて-

今回は、その第2弾!

舞台を円頓寺・四間道エリアに変え、生徒の皆さんに「しりとり」しながら、まちを記録してもらいます。しりとりといっても、ルールは自由!看板の文字でしりとりをしても良いですし、写真にタイトルをつけてしりとりをつなげてもらってもOKです。(自分なりのルールを決めるのも、この授業を楽しむポイントです)

そして最後には、皆さんで「しりとり」を発表して、一人ひとりの“まちの見方”を共有します。

現在、あいちトリエンナーレの会場の一つとなっている円頓寺・四間道エリアには、いったいどんな発見があるのか。円頓寺界隈は自分の庭だ!と思っている方も、気になったけれどきっかけがなくてなかなか足を運べていなかった方も、あなたの目線でまちを切り取ってみましょう!

12:15 受付開始(集合場所:なごのや別館ラウンジ) → 12:30 授業の概要とさんぽの極意を説明 → 13:00 さんぽスタート! → 13:45 共有タイム → 14:30 終了

ナビゲーター

参加者の皆さん、大ナゴヤノート.編集チーム

日 時 9月14日(土) 12:30 ~ 14:30
集 合 なごのや別館ラウンジ(名古屋市西区那古野1-35-13)
参加費 無料

・参加費は当日集合時にお支払い下さい。お釣りのないようお願いします。

・歩きやすい服装と靴でお越しください。

・大ナゴヤ大学のホームページより、お申し込みください。

大ナゴヤノート.編集チーム

大ナゴヤノート. 編集チーム

「まちを見つめて、書きとめて」をコンセプトに、2019年3月にスタートしたWebマガジン「大ナゴヤノート.」。まちで「いいな」と感じたヒトモノコトを、編集者がそれぞれの目線で書きとめています。
関連記事